田野畑 山地酪農牛乳 くがねの牧 BLOG

田野畑村の山地酪農牛乳、くがねの牧のブログです。

千里の道も一歩から。
山地酪農の目指す千年家も日々の営みの繰り返しです。
その軌跡をほんの少しご紹介します。

キーワード検索

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

<< 「人権書道コンテスト」 | main | 「大流行」 >>

「県議会との意見交換会」

12/18(木)晴れ(風強し)

爆弾低気圧が発生し、北海道や日本海側では大荒れでしたが、
皆様のところは大丈夫だったでしょうか?

田野畑は強風でしたが、雪はほとんど降らず、
まだまだ冬支度中の我が家ではほっと胸を撫で下ろしております。
それにしても新潟などの積雪には開いた口がふさがりませんねたらーっ



上の写真は昨日の盛岡配達の模様です。
吹雪で前が見えませんでした。
田んぼ道では道路の境すら分かりません・・・。
明日も盛岡ですが、明日はさすがに大丈夫かと思い、のんきにブログを書いております!(^^)!


今日は岩手県議の先生方と1次産業従事者との意見交換会に出席してきました。
宮古地域と勘違いし軽い気持ちで出席しましたが、
県内から8名もの議員さんが出席されており、一気に緊張感が増しました。

特に私は酪農業会の円安などによる飼料代や資材費の増加や燃料費の高騰
逆に30年ほとんど変わらない乳価。
厳しい酪農の現状を訴えてきました。

どこまで通じたか疑問ですが、原乳が不足してバターが店頭から消えているにもかかわらず
乳価をあげ増産しようとの声がまったく掛からないのは
どれだけ生産者は消費者との距離があるのか、異常としか言いようがありません。

何処の誰がいったい得をするシステムになっているのでしょう。

アベノミクスで物価をあげ経済を好転させ、給与をあげると言いますが、
給与があがるのは大企業ばかりで9割を占める中小は厳しさが増すばかり。

農家も漁家もまったく同じ状況なのです。

末端に光が当たる政策を是非とって欲しいと願うばかりです。
| mu- | - | 22:28 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP









http://kugane.yamachi.jp/trackback/259